スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Media Player Classic(MPC)の進め 

もっかいきまぐれBLOGさんの記事から

     

MPC


ソフト名 : Media Player Classic
作者 : Gabest
種類 : フリーソフト

WMP6.4風のメディアプレイヤーです。プレイリストファイルや、DivX動画、Flash動画、MPEG形式、MP3形式などのほとんどの動画・音声形式に対応しています。DVDプレイヤーを持っていなくても、DVDがみれます。操作も簡単で、軽いプレイヤーを使いたい人におすすめです。
また、Quicktime AlternativeやReal Alternative、Winamp Alternativeを導入すると、通常再生できないQuicktimeの動画や、Real形式の動画、Winampのストリーミング動画が再生できるようになります。これらのソフトはまた後日紹介します。
他にも、動画のスクリーンショットを取ろうとしても黒くなってキャプチャできない場合も、Media Player Classicを使えば、キャプチャすることが可能になります。
テレビチューナーがパソコンについていれば、テレビも見れて、録画も可能になります。AVI形式で圧縮形式を選択して録画できたり、MKV形式やOGM形式でも録画が可能です。



俺はずーっとBsplayerを使ってったけど
だいぶ前にシェアウェアとフリーウェアに別れて
それ以来ずーっとバージョンUPをしてません。

理由は今のバージョンのままで十分だと思ってるし
フリーウェアだとなんだか負けた気がするから(アホ)

そんなわけで今友人に勧める動画プレイヤーはMedia Player Classic
MPCは引用文に書いてるとおりほとんどの動画に対応しております
これを入れておけばネットで流れてるのはほとんど再生できると思う
初心者にも上級者にもお勧めできる一押しソフト

ただちょっとださいかなぁ・・・とか思ってたり思ってなかったり


Media Player Classic 日本語化(MPC入手先)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toku3.blog17.fc2.com/tb.php/73-c5e59373

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。